投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

リードの選び方

イメージ
久しぶりにセッティングを変えております。
マウスピースを変えたのですが、それに伴いリードをあれこれ試しています。
久しぶりに色々試して、気付いたこと(今更という感じですが)があったので書いておこうと思いました。


やはりそのマウスピースに合うリードを探さなくてはいけません。
「以前使ったことのあるあのリードは自分には合わないなぁ」と思っても試す価値が十分にあります。むしろ試しましょう。


個人的にはRico社のリード(長らくRico社でしたが現在はD'Addario Woodwindsと社名が変わりました)が好きなので、リコ社改めダダリオ社の中から選びました。

ダダリオ社はサックスは以下の銘柄を発売しています。
・Select Jazz Unfiled(本当はセレクトジャズのようですが、我々はジャズセレクトと言います。店員さんにもジャズセレクトの方が通じると思います)
・Select Jazz filed
・La Voz:ラ・ヴォーズ
・Hemke:ヘムケ
・Grand Concert Select
・Rico Royal(水色の箱。これはリコの名前を残しているのですね。)
・Rico(オレンジ色の箱。これもリコの名前を残しています。)
・Reserve:レゼルブと言いますが、個人的にはリザーブに改名してほしいです、言いにくいし覚え辛い。


☆リードとマウスピースの相性
骨格や筋肉や唇が皆違うので、ネットで書かれてるような相性はあまり参考にしない方がよいと感じています。例えば、ロングフェイシングにはハートが薄めの方が合う、と一般的には言われているかもしれませんが、そういう情報を排除して試してみたほうが良いと思います。
一番誤解しやすいのは、ジャズ用、クラシック用というふうに言われて(もしくは銘柄として書かれて)いるものがありますが、最初からそのイメージを持つことはあまり良くないと思います。


☆リードの硬さ(番号)
リードには番号が書かれています。
一般的には2〜4の間で2分の1刻み、3分の1刻み、(稀に4分の1もあり)となっています。
これは、厚みが増すわけではなく、番号が上がるほど硬くなります。
また、ブラスバンド部によく聞く「番号が高い程上手い」という迷信が上達を妨げるので、必ず自分にあったセッティングを見つけることが大事です。
そしてメーカーや種類によっ…